BLOGBLOG

ページの一番最初に戻る

眼鏡・コンタクトレンズについて

2018年11月22日

眼鏡やコンタクトレンズが合っていないとドライアイや眼精疲労、視力低下を招く恐れがあります。特にコンタクトレンズは目にとって異物でもあるため、適切な装用とケアが大切です。
異常がなくても3カ月に1度は眼科で定期検査を受けましょう。

眼鏡の場合

メリット
  • 視界がかすんで見える
  • ぼやける
デメリット
  • 頭痛やストレスを感じることがある
  • 破損して代替品がない場合、日常生活に支障をきたす

コンタクトの場合

メリット
  • レンズが曇らない
  • 左右の視力が大きく異なっていても視力矯正が可能
  • 安心してスポーツができる
デメリット
  • 直接眼球に触れるため衛生面の問題がある
  • 角膜の細胞に酸素が届きにくく、白内障のリスクがある
  • 眼球を傷つけることがある