小児眼科小児眼科

ページの一番最初に戻る

小児眼科について

小児期はとても大切な時期です

生まれたばかりの赤ちゃんは、明るさがわかる程度の視力しかなく、色々な物を見ることで5~6歳くらいでようやく1.0ほどの視力に達するといわれています。またお子様の目に起こった障害は外見からは分かりづらく、見過ごされてしまうことも少なくありません。

お子様にこのような症状や兆候はありませんか?

下記の症状や兆候がある場合、目の疾患を抱えている可能性があります。
当院までお気軽にご相談ください。
  • 目線がずれることがある
  • 近くでテレビを見ている
  • 目を細めることが多くなった
  • 昼間の外出時、目を細めたり片目を強くつぶったりする
  • 頭を傾けて見ている
  • 片目を隠すと嫌がる
  • 絵本を読んでもすぐに飽きてしまう

年齢別によく見られる症状

乳児期

目と鼻をつなぐ管が閉じてしまい、涙が溜まりやすい、目やにが出るといった症状の涙管閉塞症にかかりやすい時期です。

幼児期

斜視、弱視、屈折異常といった、視機能の発達に問題が起こる時期です。

小学生以上

小学生以上のお子様は、近視の症状が現れることがあります。

疾患について

近視・遠視・乱視
近視は遠くの物がぼやけて見える一方、近くの物ははっきりと見える状態です。遠視は遠くの物がぼやけて見え、近くの物はさらにぼやけて見える状態です。乱視は角膜のゆがみにより部分的にピントがずれ、遠くの物も近くの物もゆがんで見える状態です。
弱視
5~6歳くらいまでの間に視力の発達が遅れることで、物をはっきりと見えない状態になります。6歳までに発見し訓練することで、視力の発達が期待できます。
斜視
片方の目の視線が別の方向に向いている状態が斜視です。約2%のお子様に斜視の症状があります。
経過観察や視覚訓練などお子様の状況に合わせて対処します。
内斜視
外斜視
上斜視
下斜視

※右目を正常な位置とした場合

色覚異常
色覚異常は全く色が見えないというわけではなく、色はきちんと認識できます。他とは違う色に見えるという状態で色の見分けや同色の「色合い」を区別するのが少し難しく感じます。色覚異常が見逃されているお子様の場合、色を見分けることに苦労しているのを、学習能力に問題があると勘違いされることもあるため注意が必要です。

間違えやすい色の組み合わせ

赤 / 緑
青 / 紫
茶 / 緑
オレンジ / 黄緑
ピンク / 白 / 灰
緑 / 灰 / 黒

色覚異常の例

色覚異常にはいくつかの分類があります。
「当てはまらないから大丈夫」ではありません。気になることがありましたらご相談ください。
  • 信号の色がわかりにくい
  • 紅葉を見ても、葉の色の違いがよくわからない
  • 色分けしてあるカードの区別が分かりにくい
  • 赤い標識が分かりにくい
  • 色分けしてある路線図の区別が分かりにくい
  • 焼肉で焼け具合が分かりにくい   など

保護者の方へ

お子様の目が発達する大切な時期、弱視や斜視といった症状があっても放置してしまうと、その後矯正しても改善が期待できないことがあります。この時期にお子様の目の状態をきちんと確認しておくことがとても大切です。
お子様の目に起こった障害はわかりづらく、そのまま進行してしまうこともあります。
3~4歳になれば視力を測ることもできます。身長や体重と同様にぜひお子様の目の発達にも注目してあげてください。