アレルギー検査アレルギー検査

ページの一番最初に戻る

アレルギーとは

私たちの身体には、外からウイルスや細菌が入ってきた時に「抗体」がつくられ、それら排除しようとする「免疫」という機能が備わっています。「免疫」は、本来、細菌やウイルスから身体を守ってくれる大切な仕組みです。ところが、この「免疫」がダニや花粉など、私たちに通常害を与えないものにも過剰反応してしまうことがあります。これがアレルギーです。
アレルギーを起こしやすい体質は遺伝することがあります。

アレルギー度
 チェックリスト

  • 決まった季節に目のかゆみ、くしゃみ、充血、鼻水がでる
  • 掃除、衣替えなどを行うと目のかゆみ、くしゃみ、鼻水がでる
  • 肌が乾燥しやすく、湿疹が出やすい、荒れやすい
  • ちょっとした刺激で肌が赤くなりやすい
  • 犬や猫などに触れると目のかゆみ、くしゃみ、鼻水がでる
  • 息苦しい時がある(ゼーゼー・ヒューヒュー喉が鳴る)
  • 咳が8週間以上続くことがある
  • 家族にアレルギーの人がいる
そのほかに、アレルギー原因を知りたい方、今まで一度もアレルギー検査を受けたことのない方
今日結果を知りたい方は一度当院までご相談下さい

検査について

20分で結果がわかるアレルギー検査

指先から数滴の
血液を採取
結果が出るのを
待つ
結果の確認
採血によるアレルギー検査の場合、小さなお子様には難しいため、お子様も簡単にアレルギー検査ができないかということで、当院ではイムノキャップラピッドというアレルギー検査を導入いたしました。痛みもほとんどないため、お子様から採血が苦手な方まで多くの方にご利用いただける検査方法となっております。

測定アレルゲン

ハウスダスト系

  • ヤケヒョウダニ
  • ネコ
  • イヌ
  • ゴキブリ

花粉系

  • スギ
  • カモガヤ
  • ブタクサ
  • ヨモギ

まずは原因を知ること

くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなど、あなたやお子さんが毎年悩まされているその症状は、アレルギーかもしれません。どのアレルゲンに反応するかは人によって様々です。
そのため、人それぞれ注意をしなければいけない時期や対策が異なるので、あなたのアレルギーの原因を知ることが大切です。お薬での治療、アレルゲンを回避・除去するセルフケアによって、症状は軽減されます。

アレルギーカレンダー
(注意が必要な時期)

花粉症とは

花粉症は今や春の国民病と言われるくらいに増えており、他にも様々な原因でアレルギーを持つ方は、全体の約30%、花粉症を持つ方は約25%いると言われています。花粉症の症状は、原因となる花粉の飛散量が多ければ強く、少なければ軽いのですが、中国からの黄砂やPM2.5などが重なると、症状が強くなりやすい傾向にあります。

花粉の季節のセルフケア

外出時

・マスクを着用する

・コート、スカーフ、帽子を身につける

・表面がツルツルした素材の服を着る

・めがねやゴーグルをかける

帰宅時

・衣服や髪についた花粉をよくはらってから家に入る

・洗顔、うがい、鼻をかむ

・人工涙液を1回数滴、頻回に点眼

・点眼薬は防腐剤無添加のものが好ましい

・カップ式洗顔器具は避ける

・目がかゆい時はまぶたの上から冷たいタオルで冷やす

家にいる時

・布団は天日干し、または花粉シーズンには乾燥機を使う

・防ダニカバーを装着する

・洗濯物は室内干しか外に干す場合には、十分に花粉をはらう

・空気清浄機を設置する

・カーペット、畳は避ける

・換気は飛散の少ない時間帯に、短時間で窓を小さく開ける

・ペットを飼わない

・1㎡あたり20秒以上でゆっくりと掃除機がけ

・ほこりや室内のアレルゲンが床に落ちて溜まる朝のうちに、
フローリングなどは濡れ拭き掃除の後に掃除機をかける。