BLOGBLOG

ページの一番最初に戻る

治療方法

2018年11月20日
薬物療法/点眼薬

基本的には薬物療法を行います。眼圧を下げることで進行を防止したり、遅らせることができますが、障害されてしまった視神経は回復することがないので早期発見・早期治療が大切です。
また、患者様の緑内障の種類、進行具合、眼圧の高さにより、適した点眼薬を用います。

レーザー治療

薬物療法や点眼薬の効果がみられなかった場合や急性緑内障発作が発症した場合にレーザー治療を行います。
レーザー治療には房水排出時のフィルターの役割をする線維柱帯に照射して排出を促進する方法と、虹彩にレーザーを照射し、房水の流れを変える2種類の方法があります。

手術

手術には急性緑内障に対して行うレーザー虹彩切開術、慢性緑内障の初期から中期に対して行う線維柱帯切開術、慢性緑内障の末期に行う線維柱帯切除術の3種類があります。