BLOGBLOG

ページの一番最初に戻る

老眼

2018年11月20日

目の老化現象で、40代前半から半ばに、近くの物の見づらさを感じ始めます。夕方に目が疲れる、近くを見るときのピント合わせに時間がかかるなどの症状が現れ、進行すると老眼鏡や遠近両用眼鏡を使用する必要があります。老化現象のため完全に治癒することはできません。無理して見続けることで眼精疲労につながる恐れもあります。

原因

  • 加齢によって筋肉の働きが低下
  • 水晶体の硬化   など